人間は対等だけど平等ではない

アドラー心理学と自己啓発と英雄伝説

人間と言うのは対等ではあるが平等ではないとアドラーは考えていたようです。

TOP PAGE >

□人間は平等なのか?

人間は平等なのか?と言う事についてアドラーの考えなども含めて書いていきたいと思います。アドラーは自分の与えられた役割をしっかりとやるべきだと言っています。これによると女性であれば、食事の準備をしたりするのは与えられた仕事だと考えていたようです。これを今の日本で言ってしまえば、時代錯誤とか言われてしまいそうですが、生きている時代が違ってきているので、その辺りは我々が修正しないといけないのでしょう。アドラー時代は人間は対等ではあるけど、平等ではないと言います。

実際に私も、それは納得していますし、平等と言うのは素晴らしいように感じるかも知れませんが、現実社会ではそうはなっていません。逆に、平等と考えない方がよいのでは?と思える場面も多くあります。もちろん、こういう言いかたをしてしまえば「あなたは差別主義者だ」と言われてしまうかも知れませんが、平等について私の意見なども含めてお話しします。

□男女は平等か?

近年では、男女の平等化が多く言われています。日本では昔から他国に比べると男尊女卑が強いとも言われています。「女は黙ってついてこい!」とか、そういう風潮が残っている部分もあります。実際に、今の世の中で男女が平等なのか?と言ったら、全然違うと言えるでしょう。例えば、今の社会で言えば、女性の場合は中々給料が上がらないなどの問題があったりします。給料が上がらない事が社会問題になっていますが、その影響を最も受けるのは、男性よりも女性も方でしょう。

その他にも、男性と女性の出世している人も割合を見ても男性が圧倒的に多いと言えます。フォーブスなどで億万長者ランキングをみたりしますが、女性に比べると男性の方が遥かに資産を持っている結果が出ているのです。さらに、男性と女性ではやるべき仕事も変わってきます。男性に比べて、女性は筋肉が付きにくいので力仕事は向きません。このように体力的にも既に平等ではないのです。

ただし、雑誌のグラビアなどは女性でないと出来ない仕事でしょう。筋肉ムキムキの男性や太った男性がグラビアアイドルになろうとしても無理と言う物です。女性は社会的に不利だと思うかも知れませんが、20代前半の若い女性であれば、男性から奢ってもらえる場合も多いのです。若いうちだけかも知れませんが、女性の特権のようなところでもあります。あと、男性と女性では脳の仕組みなども違っていますし、ホルモンの分泌なども違ってくるので男女は対等ではあるけど、平等とは言えないようです。

□会社員は平等なのか?

会社の職場や仕事内容を考えて平等か?なのかですが、これも職場によって全然違ってきます。例えば、同じ仕事をしていれば給料が一緒かについてですが、自分の左右の人を見ても給料は違っているのが当たり前ではないでしょうか?さらに、たくさん成果を上げていれば給料がたくさんもらえるか?についてですが、これも違っていると思います。あと、大企業と下請けの会社の違いもあります。例えば、大企業の作業者と中小企業の下請けの作業者では、同じ仕事をしていたとしても給料は年々開いていくばかりでしょう。

大企業はボーナスも豊富に貰えて、昇給もあったりしますが、その反面で下請けの中小企業の従業員は給料も上がらないとか、ボーナスカットなども珍しくありません。同じ仕事をしていても入った会社で給料が違うと言うのはよくあることです。さらに、同じ会社内で考えても全員が仕事の負荷が同じと言う事はまずありえないでしょう。要領のいい人は、仕事も少なくして給料もたくさん貰ったりすることも多いのです。さらに大して真面目にやっていても、残業もカットされるとか、そういう人も大変多いと言えます。仕事に関して平等はありえないと考えた方がよいでしょう。

□能力も平等ではない

人間と言うのは能力と言うのを見ても平等ではありません。それに、好みも違うために平等とは言えないのです。例えば、ミュージシャンとして成功をした人が、その印税を使って株などに投資をして失敗する人がいます。クリエイタータイプや芸能人など投資などに手を出して失敗する人は多いとも言われています。しかし、実際にミュージシャンでは成功は出来なかったけど、株式投資になったら成功を収めることが出来る人もいるわけです。これらの違いがどこにあるかですが、能力の差と言う物ではないかと思います。

つまり、ミュージシャンとして成功した人は音楽を作り出す才能があったと考えればいいですし、株式投資やFXなどで成功した人はトレーダーとしての能力があったのです。無期不向きがあり、これが非常に大事だと言う事でしょう。人間の能力を見ても、記憶力がいい人もいれば、脚の早い人もいるなど、能力はひとそれぞれです。能力が平等ではないので、人間は平等とはいきません。能力に関しては、自分が向いている能力は何か?と言う事に着目して、自分の得意分野に集中することが一番でしょう。

□差別主義者はカッコ悪い

私は人間は平等ではないと言いました。しかし、差別する人はカッコ悪いと思っています。いじめをする奴はカッコ悪いですし、人種差別をする人もカッコ悪いと思いました。ちなみに、リンカーンのような奴隷宣言や、インドの独立に大きく貢献したガンジー、南アフリカのネルソンマンデラなどはかっこいい人だと思っています。人間は平等ではないけど、対等の関係だと言う事は覚えておいて欲しいなと思いました。

□自己成長出来る記事


□自己成長出来る記事


Copyright (C) 2017 アドラー心理学と自己啓発と英雄伝説 All Rights Reserved.
top