星野リゾートと星野佳路が凄い

アドラー心理学と自己啓発と英雄伝説

星野リゾートと星野佳路の凄さを解説したいと思います。

TOP PAGE >

□星野リゾートがお勧め出来る理由

ここのところ、国内の宿泊施設として星野リゾートがとても注目をされています。日本人だけではなく外国人にも大人気の星野リゾートということにんるのですが、星野リゾートがお勧めできる理由というものは行ったい何なのでしょうか。



それは素敵な施設、映像にすると絶対に行って見たくなる演出、そして行き届いたサービスが何と言っても魅力の一つとなっていると言えます。いわば高級リゾートといった佇まいとサービスのオンパレードとなっているのです。それでいて料金的にはとても手の出せないという金額ではなく庶民でも手の出そうな価格帯、一度宿泊をすると別世界にやってきたような感覚になることができるというところも大きなお勧めポイントだと言えるのです。



星野リゾートは全国の多くの店舗を構えています。それぞれにオリジナルにあふれたサービス展開をしているのも特徴で季節ごとに年間を通しても違ったプランが用意されているのも人気を後押ししている秘密だとも言えます。何よりもお勧めできるのは一度着た人がリピートする率が高いことです。きっと満足できる可能性が高い。だから、お勧めできいるのです。

□星野佳路の凄いところ

いまや星野リゾートは飛ぶ鳥を落とす勢いだと言っても良いほどの企業にになっています。経営難に陥っている旅館を再建したり、おもてなし重視の旅館を作ったりと何かと話題の多い企業だと言えます。その星野リゾートの社長が星野佳路さんということいなります。



星野佳路さんは成功してさぞや資産家だろうと思ってしまいますが、彼の考え方は旅館やホテルを所有するという事にこだわりはないようです。ですから、ほぼ再建した旅館などを所有していることはないと言えます。仮に資産を有するという事になると身動きがとりにくくなり経営自体に支障が出ると考えているそうです。ですから、所有はせずに運営をするという事に重きを置いているということになります。



運営はいかにしてお客様のことを中心にお客様目線で運営が出来るかという事に徹底しているようです。この点は一般的な旅館の所有者とは違って星野佳路さんのとてもすごいところだと思えるところだと言えます。すべてはお客様のために、お客様がどう思うだろうか。この点だけを追っているのが星野佳路さんの凄いところだと言えるのです。

□星野リゾートが経営再建が上手な理由

星野リゾートは経営が破たんしているようなホテルや旅館を再生していくことが上手だと言われています。経営が上手く行っていないホテルや旅館は必ず問題があります。それは施設の老朽化といったような問題ではなく根本的な部分が問題の様です。



たとえば、本当にお客様目線で運営をしているのか、経営サイドのエゴを通してお客様にそれを押しつけていないかということです。具体的にはお客様のニーズをきっちりと調べて、それに応じた改装をするという事、非日常的なものを味わってもらえるように日常を排除して他にはない経験が出来るようにすること、従業員の働き方にもメスを入れて専門職を作るのではなく誰でもが何でもできるような仕組みへの変革を実行しお客様を本当の意味でもてなすことができるようにすること、お客様目線を徹底して一人一人のお客様ごとにオリジナルの接客を心がけるという事などをしていくのです。



すべての中心は経営側ではなくお客様の目線で物を考える、おもてなしをする、これを徹底して変革していくことで経営難をのりきっていくということになるのです。

□星野リゾートの教科書の感想

星野リゾートの教科書は星野リゾートの星野社長が経営難に陥っている旅館などをいかにして再生したか、その際にどんあものを強化しとしてきたのかなどを紹介している本となります。



本の題名からしてのイメージは星野リゾート成功の秘密みたいな再生の方法などがズラッと書かれているのかと思われましたが、実際は星野社長が旅館を再生していく中で参考にした教科書と言えるものを紹介している本で以外とすらっと肩もこらずに読んでしまうことができます。教科書として紹介されている本は何もお堅い本ばかりだとは限りません。意外なものが教科書になっていたりするのです。その中でも感銘を受けるのは何事においても定石をいくということ。



非常に単純なようですが意外と難しいものだといえるのかも知れません。人というのは定石がわかっていても外れたことをしてみたくなるし、それが正解だと思ってしまうのです。それを徹底して定石で行くというのは今さらながらなるほどと納得してしまう本だったと言えます。思いもしないことが教科書にもなるのだと改めて感じることが出来たように思います。

□自己成長出来る記事


□自己成長出来る記事


Copyright (C) 2017 アドラー心理学と自己啓発と英雄伝説 All Rights Reserved.
top